上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旧東京音楽学校奏楽堂に到着しました。
P1240592.jpg
P1240623.jpg
P1240624.jpg
集合場所の上野駅 公園口改札からスタートして15分位だったでしょうか?
久しぶりにゆっくりと歩いたような気がします。
ええ、一人の時はいつもせかせかと歩いてますからね~(笑)

P1240597.jpg
入り口

P1240666(1).jpg
入館券(一般¥300.-)

パイプオルガンのコンサートの開演時間まで、館内の資料展示室を見て回りました。

P1240602.jpg
資料展示室は撮影が禁止だったので、撮影可能なこんな階段を撮ったり、

P1240599.jpg
こんな場所も撮りました(笑)
メンバーからは、
「わー。aliceさん、トイレまで撮ってるよww」なんて声もありましたけど(^^;


開演時間が近づき2階ホールへ移動です。
P1240605.jpg
せっかちな私としては開演時間ギリギリな感じの入場で、席の確保が気になりましたが(笑)、メンバー全員が中央の良い席に座ることができました!
あら?パイプオルガンの鍵盤はどこにあるんだろう。。。と思ってたら、画像右側の四角いのがパイプオルガンの鍵盤でした。

入り口でもらった印刷物には、
パイプオルガンは、大正9年に徳川頼貞侯がイギリスから購入し、昭和3年東京音楽学校に寄贈したものです。アボット・スミス社製でパイプ総数1379本。いまでは世界でも珍しい空気式アクション機構の、わが国最古の貴重なコンサート用オルガンでやわらかな音色が魅力です。
と書かれてました。

~プログラム~

サン=サーンス:
・組曲「動物の謝肉祭」より「白鳥」
・交響曲第3番ハ短調「オルガン付き」より「アダジオ」

チャイコフスキー:
・組曲「くるみ割り人形」より
こんぺい糖の精の踊り
あし笛の踊り
花のワルツ

パイプオルガン:東京芸術大学音楽部器楽科オルガン専攻1年 石川優歌さん

演奏時間は30分程のミニコンサートでしたが、優しい音色を楽しみました♪
特にくるみ割り人形は、演奏者と音色が可愛らしくてとても良かったです☆

P1240613.jpg
コンサート終了後、舞台に近づいて撮影。


ちなみに、このパイプオルガンのコンサートは毎月、第2・4日曜日に芸大の学生の演奏で開催されるようですが、今年4月以降は設備等に老朽による建物の保全のために暫く入館停止になるそうです。


次は、芸大アートプラザへ。
スポンサーサイト
コメント
わ~、便所がアップされてる~~v-363
さすが、aliceさん。

パイプオルガン、ほんわかした優しい音色でしたねv-398
2013/02/04(Mon) 09:37 | URL | EKKO | 【編集
EKKOさんへ
>わ~、便所がアップされてる~~ v-363

EKKOさん!!
コメント面白過ぎですv-363
さすが、EKKOさまv-344

パイプオルガン良かったですよね~。
また機会があったら、聴きたいですねv-398

それと、v-275の会の方でもよろしくお願いしますね^^
2013/02/05(Tue) 14:22 | URL | alice→EKKOさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。