上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は、書道サークルがありました。

開始してから3ヶ月程経ちました。
月2回のペースで8回ほど通った事になります。
最初の頃に比べると筆使いにも慣れ、楽しくなってきました。
と書くと順調そうですが、練習不足で書道サークルへ行くというのが現状で、やはり、お稽古ことはなんでも地道に練習をしないと上達はないですね。

ところで、この書道サークルが活動の場として借りている小学校の教室の壁に貼ってあった「つもり違い十訓」というものを見つけ、終了後にメモに書いて帰ってきました。(コレ、私の席の直ぐそばにあったのに、今まで全く気付かずにいました^^;)

<つもり違い十訓>
一、高いつもりで 低いのが教養
二、低いつもりで 高いのが気位
三、深いつもりで 浅いのが知識
四、浅いつもりで 深いのが欲の皮
五、厚いつもりで 薄いのが人情
六、薄いつもりで 厚いのが面の皮
七、強いつもりで 弱いのが根性
八、弱いつもりで 強いのが我
九、多いつもりで 少ないのが分別
十、少ないつもりで 多いのが無駄

出典が明らかでありませんが、ひとつひとつ読んで、なるほどと思わされることばかりだったので掲載してみました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。