上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ数日、ちょっとばかし忙しくしておりました。
その間にも、やらかしたり(←これはいつものこと?w)
やられたり(←たまにはこんなことも!w)
ネタは沢山あったんですが、ブログを書く気力もなく・・・。
気付けば、6月になってました


さて、「6月」で連想されるのは?
う~ん。
何だろう・・・やっぱり、ジューンブライドかなぁ~

・・・
・・・・・
・・・・・・・では、なくって!!

やっぱり、シューマンですよね~♪
6月8日はシューマンのお誕生日です。
ここは、一応ピアノブログなので(笑)

しかも今年はシューマン生誕200年の記念年!!!
ってことで、はるりんさん主催のシューマン祭まであと5日となりました。

*********************

今日は、そのシューマン祭にエントリーしている曲を録音&録画してみました!


『子供の情景』
「むきになって」
この曲は、邦題も意味不明だったりで、どうも情景が浮かびません;; 
むむむ、、、どうしたものか・・・。
その為、好き勝手に弾いている感は否めないのですが、どうにもこうにも表現できないんです。それと、どうも毎回一発目が、不発となってしまうことがとても怖いです。これまでの練習会でも何度か弾いてみたものの、数小節で弾けなくなって止まってしまうって事も何度かありました。今は、なんとか通して弾けるようになってきたレベルなので、当日は、とにかく冒頭を落ち着いて弾くことを心がけたいです。音源を聴いたら、高音をもう少し意識して、メロディーを歌えるようにしたい感じでした。

「見知らぬ・・・」
曲のイメージが、最初の頃とは変わってきました。それが良い方向に向いているように思います。
ですが、脱力が出来ていない為、右手薬指がつりそうな感覚が残ります。 
先日のレッスンでは、この辺りを修正していただいたので、だいぶ楽な感じで弾けるようになって流れも良くなったきがします。でも音源を聴いてみたら、「こう弾きたい」が、表現されていないことに気付きました。それともっとメロディーラインを浮かび上がらせるように弾けるようになるといいのかな・・・?

『ユーゲントアルバム』
「兵隊の行進」
はりきり過ぎで、フォルテが叩き過ぎた音になってました;; もっと音を聴きましょう~(笑)

「草刈りの歌」
焦って弾いてる感じがして、これもかなり怪しいです。30小節目~の和音、もっと柔らかい音で繋いでいきたいかな?全体的にもっと楽しい感じが出せたらいいかも・・・。

やっぱり、音源を聴いてみるとそれまで気付かなかったことを発見できますね。
これから本番まで、どれくらいよくなっていけるか解りませんが、気になるところは修正していきたいと思います。

そして、録画で発見したこと!
カメラを置く都合上、背中あたりが映る位置に置いて撮ることになってしまったのですが、録画後に自分の姿を見て愕然としました。今日は暑かったので半袖のTシャツを着ていたのですが、まぁ背中の贅肉がTシャツの上からもよ~く分かる位、醜く映ってました。

ひょぇ~~! 
自分の後ろ姿は、なかなか見れないので気付かずにいたけど・・・。
(いや、、気付かぬ振りをしてたかも?)
それにしても、音源聴くよりもはるかにショックが大きかったとは・・・

スポンサーサイト
タイトルからまた食べ物ネタが連想されますが、今日は、今年初めてのピアノネタです(笑)
一昨日の雨降りの寒い火曜日、ヨネスケ師匠とホールの練習室で連弾練習をしてきました。

「おもちゃの兵隊の行進」 イオン・イエッセル
「キューピー3分クッキング」のテーマ曲でもおなじみのあの曲
一応(笑)この曲で3月の音楽祭さんの発表会にエントリーする予定になっています。

私は、プリモ担当。
右手だけでも弾ける箇所が多くそんなに難しくはないのですが、この曲やたら繰り返しが多くって、楽譜がとても読み辛いことに苦戦してました
あれ?この繰り返しは、どこへ行くんだ?とか考えてしまって、目と手が追いつかない状態。(これも慣れなんだろうな~と思うのですが・・・。)

そんな楽譜を、ヨネスケ師匠のアレンジも合わせて、見事に作り直したものを持って来てくれました

ヨネスケ師匠版は、凄いです! なんと、8ページにもなりましが、これで弾いてみたら、一気に見やすくなってモタモタしてた指と頭がすっきりです 前回の合わせの時は、なんだかヤバイ感じでしたけど、この日の練習でだいぶ良くなりました。こうして先が見えてくると仕上がりが、益々楽しくなりますね~
あとは、ひたすらこの楽譜で練習です。これからは、この曲の持つ雰囲気作りもして、次回の合わせではもっと音楽が作れるように頑張りたいです。 
ヨネスケ師匠、楽譜作成御苦労さまでした。そして本当にありがとうございました


参考までに、今回使った楽譜は、大人のデュオ*ピアノ


この楽譜、アレンジがなかなか良くって弾いてみたいな~という曲がたくさん入ってます。
CD付きなので、どんなアレンジになっているのかもすぐに聴けるし、聴くだけでも結構楽しめます。

この日は、この楽譜から「美女と野獣」も二人で弾いてみました。私が全然弾けなかったので足を引っ張りまくりで合わせ練習にはならなかったのですが・・・ 次回はもっと練習しておきますので、宜しければまた合わせ練習させてください!

連弾は、ソロ(自分のパート)がしっかり弾けてなければ、合わせられないのは当然ですが、二人で一緒に練習することで、自分の足りない所に気づいたり、音の重なりを感じることができて、とても楽しいです。

ついでに(笑)ドリー 子守唄も練習しました。練習方法もアドヴァイス頂きましたので、イヴォンヌさんと合わせる日までには、しっかり練習しておきます!

昨夜、前記事での連弾練習の際、まゆっぺさんにデジカメで撮って頂いた動画の音源をマイクで録音し、VOONを使ってUPしてみました。(こんなやり方しなくっても、もっと簡単なやり方があるんだろうな~?と思いながらもなんとか、UPできたようです)これを撮ってもらった時は、いきなりだったし、デジカメが至近距離にありとても緊張ました。(途中で手が震えてたし・笑)聴いてみると、走ってたり、縦のラインが揃ってないところや、セコンド(私)の右手の音が足りない(入れなかった)ところが何音もあります。
(恥ずかしい~
本番までは、もっとよく音源を聴きながら練習をしたいと思います。  

それともう一つ、今日になってクリスマスバージョンの方も一緒にUPしちゃおうかな。。と思い立って、昨日の記事を書き直しました。こちらの音源はこの時、私の録音機でとったものです。この時は、合わせ練習のつもりで気楽に弾いていたので、目立ったミスもなく音も全部弾けてます。音のバランスは、当然楽譜通りのがいいですが、クリスマスバージョンだけ聴いたらそんなに悪くはないですよね??(・・・まだ言ってる
この2曲、クリスマス記念?というか、二人で練習した思い出になるといいな~と思って、勇気を持って公開します。音質も良くないですが、よろしければ、お暇な時にお聴き下さい。


[VOON] 主よ、人の望みの喜びよ


[VOON] 主よ、人の望みの喜びよ(クリスマスバージョン)
気付いたら3回分のレッスン記を書いてません。(明後日、レッスンがあるというのに・・・)
もともと、気まぐれなるレッスン記だったので、本人は書かないでいることを気にしてないのですが、「レッスンに行ってるの~?」なんて声も届いていますので、ピアノは、ぼちぼちやってますことをお知らせしておきます

**************

今月20日は、教室のクリスマス会があります
今年のクリスマス会は、連弾をやることになっています。昨日は、その連弾練習をするためにN子邸へ行ってきました
今回もやっぱり珍道中でした。車で行ったので(車で行ったから?)珍道中も更にバージョンアップ
ナビで行ったにも拘らず、N子邸付近をぐるぐる。近くまで来ているのに、なかなか辿りつかない N子さんの遠隔操作の甲斐もなく気づくと同じ場所に戻っていたり 付近が同じようなマンションが立ち並んでいることで、自分のいる場所も説明できずあたふた 迎えに来てくれたN子さんと、やっと出会う事ができ無事到着となりました。風が強くって寒い日だったのに、お世話をおかけしました。本当にありがとう 出会えた時は、ホント助かった~って気持ちでした。あと10分あの状態から脱出できなかったら、練習せずにバイバイだったも(笑)

さて、本題の連弾練習ですが・・・。
曲は、バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」
これは、3月のぷち発表会でイグレックさんとやった時と同じ楽譜です。私は、今回もセコンドなので、一度弾いたことがあるのですが、すっかり忘れちゃってました 数日前になって、焦って練習!!メトロノームでテンポも合わせて、弾けるようになっていたのですが、N子さんと合わせてみると、手が重なりあったりするところで上手く合わせられずorz 連弾って、実際に合わせてみないとホント分からないですね。3月の時も手が重なるところは、とても難しく感じましたが、今回は2回目だから大丈夫かな?なんて安易に考えていたけど、甘かった メトロノームに合わせて弾ける位になっていても、相手の呼吸を感じて弾けないと上手く合いません。当たり前のことですが、改めて、難しいな~と感じました。それだからこそ、上手く合わせられた時はとっても楽しいですね。 
今回は、クリスマスだし楽しくやりましょう~ということで、プリモを1オクターブ上で弾くことにして、お互いの手が重なり合わないことで、弾きづらさを解決しました!
弾いている時には、違和感はなかったのですが、合わせた音を実際に聴くと、どうだろう?と心配でしたが、家に帰ってから音源を聴いてみたら、結構良かったです  
私の持っている録音機では、UPができない(やり方を知らない)ので、デジカメに撮れば、分かりそうな気がするのでUPできるかな~?と思っていたのに、すっかり持って行くのを忘れてました クリスマス会には、忘れずに持参して音源をUPできたらいいな~と思ってます。

ピアノも楽しかったけど、めちゃくちゃ素敵なN子邸にて、たくさんお話することもできたので大満足の練習会でした N子さん、またお時間のある時に、遊んで下さいね
シルバーウィークの期間中は練習するぞ!!と意気込んでましたが、外出したり、家にいてもなかなかまとまった時間もとれず。。。
やっぱり家族もお休みなので、普段の生活のリズムを狂わされたりで、ピアノの練習も思うようできませんでした。 ぷち発表会も迫ってるので、昨日思い立ってグランドを借りて練習して来ました。 休日はスタジオ料金が平日よりずっと高いので、料金設定の安い公営のホールの練習室のグランドを借りることを急に思いついたのが一昨日のこと。 この練習室は以前に数回使ったことがあるのですが、平日でも空いていることがあまりないので、今頃から予約したって無理だろうなと思いながら空き状況を調べてみたらなんと空きがありました!ラッキー 即、予約入れました

実は、ここの小ホールで来月 教室の発表会が行われます。小ホールは、いつも鍵が閉まっていて中の様子を写真でしか見たことがありませんでした。昨日は祝日なので、もしかしたら発表会などに使われていて中を覗けたら下見ができるかな~と少し期待もありました。


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

受付を済ませ、早速練習室へ
練習室のピアノはYAMAHAのセミコンです。高音部は綺麗に響いてましたが、何故か低音部に少し不快な響きを感じて、あれ??となりましたけど、やっぱりグランドピアノはいいですね~。
蓋も大きく開けてたっぷり音を楽しみました。そう言えば、どれくらいぶりかな?こうして一人でグランド弾くのは?気がつくと30分、とっても幸せな気持ちになってピアノを弾いてました 家で時間があって練習をしている時でも、なんだかんだと邪魔が入って中断させられることが多いのでこういった場所で思う存分弾けるのは本当に幸せ~  
おっといけない!今日は、k332の部分練習をしに来たんだー!それにこんなに流して弾いてばかりいたら絶対後で痛い目にあうぞ!と思ってみたんですけどね・・・・。ホント意志が弱くってダメだな~。
心地よいピアノの音色に2時間も遊んでしまいました!! まぁ、シルバーウィーク中なのでいいか!と意味不明の言い訳をして、あっという間に終了!
あ。。それでも録音だけはしてきましたので、じっくり聴いて反省します

こうして長期間モツソナをやってきて感じるのは、下拵えも大切な作業ではあるけれど、包丁もしっかり研いでから料理を作ることもやはり大事な作業だという事です。 今の私は、錆びついた包丁で無理やり具材を切って鍋に入れ味付けをしようとしているのと同じで、上手く切れていない材料には、なかなか味が浸み込んでいきません。今後は、包丁の研ぎ方も少しずつ覚えていけるようになりといと思っています。今回は、少しの材料と調味料で味付けした料理を召し上がって頂く方々には申し訳なく思っています 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

さて、こうして練習を終えて帰ろうとした時、小ホールでの発表会がタイミングよく終演の時間となりました。扉が開き中からご家族、関係者の方たちが出て来たので、私もその中に紛れ込みステージを見せて頂きました。160席の小さなホールですので、舞台と客席がとても近く感じられました。子供の頃に経験した発表会は比較的大きなホールで、観客も客席の中央にまばら(笑)というよなものでしたので、こんなにお客さんを間近に感じて弾く舞台は初めての経験になりそうです。

そして、ピアノは世界三大名器の一つと数えられるというベヒシュタインでした!!
ベヒシュタインにお目にかかることも初めてでしたので、とても興奮してしまいましたけど、一体どんなピアノなんでしょうかね? ピアノの音色を聴くこともできなかったので全く想像がつきませんが(笑)

下見ができてよかったと思う一方で、会場を見てしまったことが緊張感を高め、発表会がちょっと怖くなってしまったことも正直な気持ちです。でもこんな素晴らしいピアノを弾ける機会はめったにないのだから・・・・・。感謝して練習に励みたいと思います!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。