上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
書道サークルに入会して半年が経ちました。
月2回ですが、毎回新しい課題が出されるので進みが早いです。
で、先週から楷書に加え行書と草書の3本立てになったのですけど・・・。
これから先、ついていけるのか不安だったりします。
まだひらがなもきちんと書けないんですよ

この日の課題は、
「言不盡意」
<読み> 言は意を尽くさず
<意味> 言葉は思っている気持ちや考えを十分に言い尽くせない。

※前の句は、書は意を尽くさず。
(意味は、文章は言おうとすることを十分にあらわせない。)


一度に、楷書、行書、草書を習うのでサークル活動時間内で十分に練習したものを、先生に見て頂くという訳にはいかないのですが、何十枚も書いてから見て頂くよりは、納得がいかずとも数枚書いて先生に修正して頂く方が、変な癖がつかずに上達も早いそうです。
それでも、やはり納得がいかない字を見て頂くのは心苦しいですが。
この日は、人生初の行書、草書でしたが、時間もなく2,3回練習した程度で提出しました。


以下、備忘録。
スポンサーサイト
昨日は、書道サークルがありました。

開始してから3ヶ月程経ちました。
月2回のペースで8回ほど通った事になります。
最初の頃に比べると筆使いにも慣れ、楽しくなってきました。
と書くと順調そうですが、練習不足で書道サークルへ行くというのが現状で、やはり、お稽古ことはなんでも地道に練習をしないと上達はないですね。

ところで、この書道サークルが活動の場として借りている小学校の教室の壁に貼ってあった「つもり違い十訓」というものを見つけ、終了後にメモに書いて帰ってきました。(コレ、私の席の直ぐそばにあったのに、今まで全く気付かずにいました^^;)

<つもり違い十訓>
一、高いつもりで 低いのが教養
二、低いつもりで 高いのが気位
三、深いつもりで 浅いのが知識
四、浅いつもりで 深いのが欲の皮
五、厚いつもりで 薄いのが人情
六、薄いつもりで 厚いのが面の皮
七、強いつもりで 弱いのが根性
八、弱いつもりで 強いのが我
九、多いつもりで 少ないのが分別
十、少ないつもりで 多いのが無駄

出典が明らかでありませんが、ひとつひとつ読んで、なるほどと思わされることばかりだったので掲載してみました。
突然ですが・・・
ワタクシ、この度、書道サークルに入会いたしました!

きっかけは、先月ポストに入っていた一枚のチラシ。
手書きの年賀状を簡単に美しく書ける方法を学びながら約2時間の書道が体験できるとした、いわば書道サークルからの勧誘wのチラシだったのですが、うたい文句の「美しい文字は一生の宝です」に思わず喰いつきました(笑)

その体験教室は、11月の末にありまして○△年ぶりに筆を使って文字を書きましたよ。
半紙に筆で字を書くことなんて、中学生以来でしょうか?
以前から、習いたいと思っていたのですが、なかなか良い機会に恵まれず時間が過ぎてしまいましたが、久しぶりの書道はとても楽しくて、即日書道サークルへの入会を決めてきました。


で、本日筆おろし~( ´艸`)

先の体験教室では、先生からお借りした使い古した筆でしたが、今日は自分の新品の筆ですからテンション上がりました!(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。