上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大好きなシフのバッハ。
初めて演奏をCDで聴いたのは、大人になってピアノを再開しインヴェンションに取り組むことになってからのことでした。それからシフの演奏に魅了され、いつの日か実演を聴けることを願っていました。

「シフのバッハがありますよ~!」と、ステキピアノ弾きさんから演奏会があることを知ったのが、昨年11月末のことでした。
チケット発売から随分と時間が経っていたにもかかわらず、席を取ることができ本当にラッキーなことでした♪ しかも、インヴェンション15曲が入ったプログラムじゃないですかーーーー!!!


アンドラーシュ・シフ
バルトーク、そしてバッハ

2014年3月14日 午後7時開演
紀尾井ホール


<プログラム>

J.S.バッハ:2声のインヴェンション
        BWV772-BWV776 第1番~第5番

バルトーク:子供のために BB53 Sz.42より10曲

J.S.バッハ:2声のインヴェンション
        BWV777-BWV781 第6番~第10番

バルトーク:民謡による3つのロンド BB92 Sz.84
     (3つのブルレスク Op.8c,BB55 Sz47から曲目変更となる)

J.S.バッハ:2声のインヴェンション
        BWV782-BWV786 第11番~第15番

バルトーク:組曲 Op.14, BB70 Sz.62

  休憩


J.S.バッハ:フランス風序曲 ロ短調 BWV816

バルトーク:ピアノ・ソナタ BB80 Sz.80

 
アンコール
J.S.バッハ:フランス組曲第5番 BWV816

J.S.バッハ:イタリア協奏曲1楽章 BWV971

J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻より第1番 前奏曲とフーガ


バッハとバルトークを交互に弾いていくプログラムとなっていました。バルトークはこの日初めて聴いたのですが、素晴らしかったです。バルトークでは少しペダルを使っていましたが、バッハは全曲ノンペダルでした。ペダルなしであの美しく優しく伸びやかな音をどうやって作り出すのでしょうか。至高のバッハ。まるでピアノに仕掛けをしてあるかのようでした。そして、3部構成とも思えるようなアンコールの曲目!
これがまた素晴らしい演奏で、フランス組曲5番のアルマンドが流れたときは、心の中でガッツポーズでしたしかもイタコンで感動のフィナーレと思いきや、平均律までも聴かせて頂き、本当に、本当に!贅沢で幸せな時間を過ごすことができました。演奏会から2日経ちましたが、まだ暫くはこのうっとりとした気分から抜け出せそうにありません。

スポンサーサイト
11月はスペシャルなイベントが2つもあったのに更新できずに、12月になってしまいました。
その内のひとつが、こちら。。。

P1230987.jpg
11月27日 19:00 開演
川口総合文化センター・リリア メインホールで開催されたツィメルマンのピアノリサイタルに行って来ました。
ツィメルマンはピアノを再開した頃から、「一度、生で聴きたい!!」と思っていたピアニストなのですけど、これまでに演奏会へ行く機会に恵まれず、やっとこの日を迎えることが出来ました!

会場へは、18:00頃に到着。
遅刻しないようにと余裕を持って家を出たのですが、早く着き過ぎました。
1階にあった喫茶室も貸し切りだったので、会場の外を散策して時間を潰しました。でも、寒くて暗い中でのお一人様でしたので、この30分はとても長かったです;;

さて、もうそろそろ時間かなと、会場へ戻って来たですけど、なんだか開場時間が遅れているようでした。やっと入場できてもロビーで足止めですよ。その先の客席の扉の前には係の女性が立っていて、まだ中には入れず状態!!何故客席に入れないのか、係の女性も分かってないようでした。

・・・え?

調律(?)リハ(?)が遅れているようだと、近くに立っていた人達が話してましたが、ホールは人で溢れているのに、何のアナウンスもないままただ待たされて、もしやこのまま中止なんてことになったらと、かなり不安になりました。

結局、開場は19:00。
やっと、やっと客席の扉が開きましたー。


<プログラム>
ドビュッシー:版画
1. パゴダ
2. グラナダの夕べ
3. 雨の庭

ドビュッシー:前奏曲集 第1集より
2. 帆
12. 吟遊詩人
6. 雪の上の足跡
8. 亜麻色の髪の乙女
10. 沈める寺
7. 西風の見たもの

シマノフスキ:3 つの前奏曲(「9つの前奏曲 作品1」より)
 第1番 ロ短調
 第2番 ニ短調
 第8番 変ホ短調

ショパン:ピアノ・ソナタ第3番 ロ短調 作品58


当初のプログラムは、ドビュッシー生誕150年を記念して「12のエチュード」が中心となる『オール・ドビュッシー・プログラム』の予定でしたが、上記の演目に変更になってました。

私は、当日まで変更になったプログラムを知らなかったのですけど、ドビュッシーの作品ばかりよりも、多く作曲家の作品を聴ける方が嬉しいので、私的には何も問題なし。むしろツィメルマンのショパンが聴けると知ってテンション上がりました!! ちなみに、2012年日本公演 スケジュールによるとこの日のプログラムはBでした。ついでに書くと12月4日のサントリーのプログラムはAで、最後のショパンのソナタ第3番がブラームスのソナタ第2番になるようです。(12月11日 オペラシティはリリアと同じくB)


私の席は、1階4列 舞台に向かって右側のブロック。
チケットの発売日から、数日経ってからの購入だったので、演奏者の手が見えるようなポジションはゲットできませんでしたが、顔とペダルを踏む足が良く見える席でした。自分の席を確認してから、舞台の近くまで行ってツィメルマン自前といわれるピアノを拝んできました(笑)
綺麗に磨かれたスタインウェイの譜面台には楽譜(なのか? 楽譜にしては大きいような)が置いてありまして・・・。


・・・ん? 
視奏ですか!?

********
19時15分。
開演時間となりました!
やっと会える


袖からひょこっと登場したツィメルマンは、とても優しそうで素敵なおじさまな印象でした(笑)
いえいえ、ツィメルマン氏は、なんというか。。。神経質なピアノニストなのかと思ってましたので、白くなった髪の毛と髭をたくわえ、にこやかに登場してきた姿が、なんだかサンタクロースのようで・・・とても優しそうな感じの方でした。

「版画」では、驚くほど美しい音色で始まりましたが、一曲終わるごとに、ゲホゲホと咳をしていることが、少し心配で気になりました。ピアノの音がまろやかでもあり、クリアでもあるんですよ。それは、私の言葉で表現できないくらい美しい音で本当に素晴らしかったです。心奪われるなんて表現も適切でないような感じですけど、ピアノってこんなに美味しい音が出せる楽器だったんだと、感動でした。
置いてあった楽譜は一曲終わるごとに、ゆっくりとページをめくって、次の曲を弾き始めていましたが、手中に収まっていて楽譜を見て弾いているというのではなかったです。

前奏曲集 第1集からの「亜麻色の髪の乙女は」は、今まで知らなかったこの曲の美しさを教えてもらったようで、穏やかで優しい音色でした。もちろん他の曲も完璧なまでの美しさに圧倒されましたが、特に最後の「西風の見たもの」での盛り上がりは素晴らしく前半が終わりました。

ここで休憩が20分入りました。

後半は、気になっていた咳もすることなく、ピアノも良く鳴っていて、更に演奏が素晴らしかったように思います。シマノフスキの前奏曲は、この日初めて聴いた曲でしたが、なんだか懐かしいような哀愁を感じる雰囲気がとても素敵で聴き入ってしまいました。

ショパンのソナタは、もう余裕(?)で弾いていたというか・・・。

第1楽章が終わって、拍手が出てしまいまして;;
それに対して、ツィメルマンは「あ、、、ここで拍手ですね(笑)ありがとう。はい。はい。次行きますね。」みたいな表情をしてました。更に第2楽章が終わって今度は拍手がない客席に向かい微笑みながら「あら?ここでは拍手はなくていいのね?」と言ってるようは表情がなんともチャーミングで、好感度アップでしたよ(笑) そんな場面があってか、1楽章2楽章がお茶目な(?)印象があったような気がしますけど、第3楽章から第4楽章にかけての流れはとても素晴らしく、正統派のショパンであり名演でした!!
カーテンコールの拍手も凄かったのですが、残念ながらアンコールはありませんでした。
でも、これがプログラムの流れとして完成されたものだったと感じ、今年最初で最後に訪れた演奏会は大満足で幕を閉じました。
ここ最近、管理画面に下書きのまま放置してある記事が沢山あります。
この記事も、一週間も放置してしまって鮮度が落ちてますが・・・。


2月13日
サントリーホール
ランラン ピアノ・リサイタルへ行って来ました。

ちなみに、ここのホールは今年この日が2回目。
6日は仲道郁代さんのベートーヴェンを聴いてきました。
(仲道さんのレポはお蔵入り^^;)


チケットの発売は、昨年の9月。
偶然にもチケット発売開始日にこのリサイタルがあることを知りました。
ブログラムには、バッハのパルティータ1番があるじゃないですか!!
ランランのピアノというよりも、バルティータを聴きたい~!
という思いでチケットを購入!
だけど、時間は既に17時を過ぎていて席を選ぶには遅過ぎでした。
これじゃS席でも。。。の席しか残ってなかったので迷ったのですが、結局1階5列目左ブロックで妥協。

まぁ、そんなことも当日はすっかり忘れてまして、ランランのバッハってどんなだろう~というワクワク感を持ちつつ会場へと向かってましたとさ。(前日に会ったピアノのお友達には、「ランランの顔芸を見て来るから~!」なんて得意げに言ってたし・・・(^^;)

私が到着したのが開場時間から10分程経っていた為か、会場には多くの人で賑わってました。
とにかく女性が多くって、トイレも長蛇の列(笑)
この列にも並びたかったのですが(笑)、先にプログラムを購入。

プログラム
センスの悪いプログラム 1部 \500.-
なんだかタイガーマスクみたいな配色にぎょっとして、、、
少し躊躇ったけど会場の雰囲気にのまれて「一部下さい」と言ってた

<プログラム>
J.S.バッハ パルティータ1番 変ロ長調
シューベルト ピアノ・ソナタ第21番 変ロ長調D960(遺作)
ショパン 12の練習曲 op.25



***********
白いシャツに黒のスーツで登場したランランは、客席に向かってにこやかに手を上げて挨拶。
声は聴こえませんでしたが、口の動きから「ありがとう」と言っているようでした。とても楽しそうにピアノに向かい第一曲目の演奏が始まりました。

私の席は、ピアニストの背中と僅かに右手の動きが少しだけ見える場所。
残念ながら、顔芸表情や左手の動き等は見ることができませんでした。
あの顔芸は、見なくてもいいや~なんて思っていたけど、やっぱり見えないと色々と想像してみたり気になるものです。それと、ペダルの使い方が気になって気になって~!
大きいホールの座席を取る時は、よりポジションが重要となりますね。

パルティータ1番
冒頭の柔らかく優しい音色がホールにゆっくりと響きました。
とても美しい音でした。一音目でこんなにも魅了されるとは…。
続くアルマンドの華やかでキラキラした音色は宝石の様だったし、サラバンドは優雅さでとても上品でした。メヌエットはバスがなんとも軽快でお洒落に響いてました。正直なところ、ランランがこんなに美しい音色でバッハを弾くことを想像していなかった(失礼!)ので驚きました。
6曲とも宝石のようにキラキラしたバッハでとても感動的でしたが、ランランにとってはこの曲でウォーミングアップだったかのように、さら~と弾き終えた感じでした。


続くシューベルト ソナタ21番。
晩年の長大なソナタです。

第1曲目がパルティータ1番だったのは、この曲に備えてだったのでしょうか?
ホールの空気が入れ替わったかのよう…。
私自身シューベルトを弾いた経験がないことや勉強不足なので、上手く表現できないのですが、物凄い集中力と緊張感がある中にも情感豊かで緩急のコントラストを感じる演奏だったと思います。この辺りは、シューベル党wの方の感想を伺ってみたいところでした(笑)


前半が終り20分間の休憩時間。

ロビーをフラフラしていたら、こんなお花を見つけました!
上野樹里
のだめ繋がりですね~。


休憩時間がもうすぐ終わるころに、お友達に会いました
サイン会に参加する為にCDを買ったというので、私も彼女と同じCDを購入することにしました!


後半はショパン。

エチュード作品25(全曲)

1~6、7~10、木枯らし&大洋と3部構成となっていて、合間にハンカチで汗を拭く姿が印象的でした。
ドラマチックでありながらも、驚異のテクニックは魔術的。
特に「木枯らし」から「大洋」のフィナーレは圧巻でした。
あ~。。やっぱりもっと近くで、手の動きとか見てみたかったです。
それと、こうして全曲を通して聴くことでショパンの素晴らしさを感じますね。


~アンコール~
ラフマニノフ:前奏曲op.23-4

歌い方も素敵だったし、以前に聴いた女流ピアニストの演奏よりも、ずっとロマンチックで、とても美しかった。


假屋崎省吾さん(常連さんなんですね。)が渡したお花をピアノの上に置かれ、その花がスポットライトに照らされてとても綺麗でした。柔らかな赤い色の花でしたが、何の花だったんだろう・・・。
この曲の美しさを更に際立たせるような素敵な花束でした。

弾き終わると、ピアノの上に置いた花束を持ち舞台を去って行きました。
これで、アンコールは一曲だと分かったので、速攻席を立ちサイン会へGO!
(こういう行動だけは、早~い! 帰宅後、夫にこの話をしたら私が急いで席を立って焦って列に並ぼうとする姿が鮮明に浮かぶと言っておりました

行動も早かったけど、私の席から近い出口にサイン会場が設けら得ていたので待機している人は3、4名程で、ラッキー!
10分程待った後、ランランが白いシャツから柔らかい赤のTシャツに着替えて登場です。
(ランランは赤が好きなのかも?)
そうそう、この時ふと後ろを振り返って見たら長蛇の列となってましたよ。

並んでいるお客さんに大きな声で「ありがとう~!」と言ったあと
素早いテンポでサインが進みます。(一人2、3秒くらいだったかな?)
どこにサインして貰おうかと迷う間もなく

CD

プログラムにバッハがなければ、ランランのピアノを聴きに行くことはなかったと思います。
予想値が低かった(というよりも偏見があった)ので思いがけずの収穫で、結果満足できるリサイタルでした。

ランラン(朗朗)
まだまだ若いピアニストですし、今後の活躍に期待したいです。


昨日、仲道郁代さんのピアノリサイタルに行ってきました。
昨年より、3部構成のリサイタルの計画を立てていたそうですが「オールショパン・プログラム」の内容は、予想以上に充実していました。今回の注目は、ショパン時代のピアノ プレイエルを使っての演奏があるということ。仲道さんの生演奏も初めてだったので楽しみでしたが、プレイエルの音色を聴けることをとてもワクワクしてました。
会場は、あの有名な大ホール。
そう言えば・・・昨年12月にこの大ホールでの第九を聴きに行くハズが、間違えて別の劇場に行ってしまったご夫婦がいらっしゃいましたっけ(笑) そんな話を聞いていたので、私も間違えないようにとチケットに書かれている会場を入念にチェックし、さて出発
(初めて行く所でしたが、迷わずに到着できました
昨日は、ayaの学校で音楽鑑賞会がありました。

テーマは、「オーケストラの響きを楽しもう」
お迎えしたオケのメンバーは、都内の音楽大学の卒業生を中心に構成されていて、主にハイドンの交響曲を演奏しているとのこと。学校から事前にプログラムの紹介がなかったので何の曲を演奏するんだろう~と、少し迷いましたが、せっかく保護者の席も用意されるということだったで、私も聴きに行ってきました。

昨日は、真冬の寒さでしたが会場となった講堂では、多くの生徒の熱気で異常な暑さ。
「何!?この暑さは!」いや、ホントに若いってエネルギーがあるんですね~。バレンタインデーに、何十個もの友チョコを作る女の子達がこの中にたくさんいることが、頷けます(笑)

保護者に用意された席はガラガラでした。希望者が多ければ先着順だったようですが、全然問題なかったです。(残席が沢山あって、もったいないと思ったくらいでした。)昨年のピアノコンサートの時は、もっと参加者が多かったのに、同じ音楽鑑賞でも管弦楽演奏だと希望者が少ないってことでしょうか?(私自身もオーケストラの演奏を聴く経験が殆どないのですが…)

開演のベルが鳴り、担当の先生から演奏を聴くマナー等のお話が少しあった後、演奏が始まりました。
余談ですが、こうして当たり前のことを注意を受けているにも拘わらず、曲と曲の間に生徒の集中力が落ちて、お喋りし出す子たちがいるんですよ 4曲目の始まりで、指揮者の方に注意を受けました。(保護者の一人として、とても恥ずかしいことでした。)


プログラム(抜粋)

●歌劇「ウィリアム・テル」序曲より「スイス軍の行進」     ロッシーニ

●ヴァイオリン協奏曲より 第1楽章          メンデルスゾーン

●交響曲第4番「イタリア」より 第1楽章        メンデルスゾーン

●歌劇「カルメン」より前奏曲                  ビゼー

●「アルルの女」より序曲                    ビゼー

一曲目の「スイスの行進」が終わった後、指揮者の方から楽器紹介がありました。
それぞれの楽器を担当する方に弾いていただき、音の紹介です。(よく「題名のない音楽会」とかでやっていようなアレです)ヴァイオリンでは、ピッチカートや、ビブラートをかけたときとかけなかったときの音の効果を、「G線上のアリア」を弾いて音の響きを紹介してくれました。(他の楽器でも同じ様に紹介がありました。)
指揮者の方のお話は、中学生向けにユーモアも交え解りやすくって、とてもよかったと思います。

二曲目は、「メンコン」と呼ばれるメンデルスゾーンのコンチェルト。
他にも、多くの作曲家がいろいろなコンチェルトを作曲していますが、このような略称で呼ばれることはないと解説がありました。ふ~ん。「ベーコン」とか「ブラコン」とは、呼ばないのでしょうかね?(笑)(そのあたりのお話はありませんでしたが…^^;)
そしてソリストは、同校の女子生徒でした!! 演奏後、とても緊張したと語ってましたが、素晴らしい演奏だったと思います。凄いな~。何年くらいやってるんだろう…。やっぱりピアノも弾けるんだろうか…?と演奏が終わっても彼女への興味が尽きません(笑) 

他に、指揮者体験コーナで登場した事務員のおじさんの過激なパフォーマンスが面白くって、会場に笑いの渦が巻き起ったりと、とても楽しい音楽鑑賞となりました。

ところが。。。


アンコールが1曲あったのですが、これがとても有名な曲!!

・・・・・あぅ!! 知ってる!(ってか聴いたことがある)けど曲名が分からない;;
何だろう~。。。


今まで色々と解説してくれた指揮者も、曲の紹介もなく終演となってしまいました。
舞台を去っていく指揮者とオケのメンバー。


それまで楽しく聴いていたのに、最後に来てこのモヤモヤ。
えーーーー。
何だっけ?この曲? 
良く聴く凄い有名な曲なのに・・・・ 

曲名がわからな~い!!!
え、、、このままじゃ、家に帰ってもずっーとモヤモヤしてるだろうな
何とかせねば!

**************

モヤモヤした気持ちのまま、講堂を後にしたのですが、なんと団員の方達が楽器の片づけをしている部屋の前を偶然通り掛かりました!!とても恥ずかしかったのですが、部屋に入って、その中の一人の方に思い切って訊ねてみました (周りにいたオケのメンバーは、ちょっとびっくりした表情をされていましたが)


あ~!!
これで、すっきりしました!!

という事で、アンコールはこの曲でした↓↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。