上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトルの通りです!
よろしければ、続きをどうぞ~


スポンサーサイト
早いもので、今年もあと一ヶ月を切ってしまいましたねっ
クリスマスに因んでプロフール画像を変えてみました。
ついでに、他のトールペイントのクリスマス作品を少しご紹介させて頂きます。

トールペイントは、白木にアクリル絵具で描いて最後にニスを塗って仕上げます。絵の描き方にもいくつかの手法があるのですが、(私が経験した)多くはベタ塗りした後にシェードとハイライトを入れて立体的に作り上げました。色を重ねることで平面が、立体的になる瞬間が楽しくてたまりません。こうした作業は音楽を作ることに似ていると思います。

*************
P1010018.jpgP1010019.jpg
このクマは、習い始めた頃に描いたものです。帽子のチェック柄を細い筆で均一に入れるのにとても苦労しました。クマの顔はステンシルブラシで叩いて、毛並みの表情を付けました。初心者だった頃の作品なので、毛並みも上手く描けてません。これは、クマの形に木が切られているので、後ろ姿を描いたらもっと完成度が高くなったし、飾った時に可愛かっただろうな~と今になって少し残念に思います。クリスマスの作品は、飾る時期が限られているので、この時は、表を完成させるだけで精一杯だったことでしょう。



P1010015.jpgP1010016.jpg
こちらのサンタクロースも、後ろ姿が描けてません!これも後ろまで描いていたら、表情豊かになっただろうなぁ。。。。ひげ部分と帽子と袖口のボアが立体的なのは(この画像で見えるかな?)特殊は絵具を使ってます。 このサンタさん、なんだかアンパンマンに出てくるジャムおじさんに似てますよね?(笑) 



P1010021.jpgP1010023.jpg
これは、我が家のクリスマスツリー。
ツリーの形にカットされた白木にサンタクロースが6人。
この人の作品は、色を重ねながら描いていくのが特徴でベタ塗りはしません。柔らかいタッチで描くのがとても難しいです。一度間違えると修正できないし、誤魔化せないのが辛い!裏(下の画)も作者は、同じです。濃い色を使っているようですが、これも柔らかいタッチで淡い色を重ねました。あと少しで完成という所で挫折サンタの右手に持っているクマの付近、三日月が途中になってます。それんにしても、何でこんな中途半端な終わり方なんだろう… 今となっては、何色を使ったのかも分からない(描き方も忘れてしまっている)ので、ずっと未完成のままです(苦笑)


そんな中 唯一、表裏完成させた作品がこちらのクリスマスリース!↓
P1010040.jpg

お人形や動物に描かれている瞳から、いかにも西洋風?と感じる作品です。絵的にはあんまり好みではないのですが、とても長い時間かけて仕上げたので思い入れのある作品です。仕上げた年は、クリスマスに間に合ったので、その年のシーズンから毎年、我が家の玄関に飾っています。

そしてこの裏は・・・
昨日、押入れの中を片づけていたら、こんなものが出てきました!
これは、私が2年程前に描いたものです。ピアノを再開する前に趣味でやっていたトールペイント。
その時 習っていたトールペイントの先生は、音大のピアノ科を卒業された方でした。ピアノの先生もされてましたが、趣味で始めたトールペイントが本職となってしまったそうです。
そんな訳でこれは、音楽も専門にされいた先生らしいオリジナル作品です。

これが出来上がった時は、自宅のピアノ近くの壁にでも飾ってあげようかと思っていたのですが、なんだかしっくりこないのでどこか別の所はないかな?・・・なんて決めかねていたらいつの間にか押入れの中へ追いやられ、昨日まで存在すらも忘れ去られてました ・・・可愛そうに

画像を小さくすると中心のト音記号にも頑張って描いたバラがよく見えなくなってしまうので、大きな画像にしてUPしてみました。(デカ過ぎ?)

ト音記号の中の薔薇はとても小さくって描くのにとても苦労しました。よく見えないかもしれませんが、蕾も沢山付いているんです
同時に2枚描いて、薔薇の描き方を随分練習したなぁ・・・。もう一枚は、以前習っていたピアノの先生にクリスマスプレゼントとして贈ったので、描いた時期を良く覚えてます(笑) 今は、ピアノ熱のが勝ってしまって、トールペイントはやってませんが(描いている時間がない^^;) 2年前の今頃はこの作品作りに夢中でした。
ピアノ曲は、何をやっていんだろう・・・。全然覚えてないけど


P1000725.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。